三軒茶屋、下北沢でスポーツ観戦のできる居酒屋

  

三軒茶屋、下北沢でスポーツ観戦のできる居酒屋を紹介します。

「kirin」

こちらの居酒屋さんは、三軒茶屋のプレジオ2階にある居酒屋さんで東急三軒茶屋駅から

歩いて3分のところにあります。12時から24時まで営業していますが、金曜日は午前3時ま

での営業となっています。お酒を飲みながらスポーツを深夜まで楽しんだり、仲間と盛り

上がるのは最高の醍醐味ですね。定休日は土曜日となっています。スポーツ観戦をするモ

ニターは40インチ。みんなでワイワイ楽しめるのでおすすめですよ。

「ゴキゲン鳥 下北沢本店」

こちらは焼き鳥屋さんなのですが、なんとみんなでワイワイスポーツ観戦ができるので

す。しかもこちらの焼き鳥は国産の鶏を使っているのですが、その日の朝しめたもののみ

を使っているというこだわりぶりです。鮮度のいいおいしい焼き鳥を食べてほしいという

気持ちが伝わってきますね。極上の焼き鳥を食べながらみんなでワイワイスポーツ観戦、

楽しいですよ。

私はサッカーが好きで、友達とよく利用させてもらっている2店舗です!

 

鍋料理はどうやって進化したのか。

鍋料理の歴史とは一体どんなものなのでしょうか。まず鍋とは土焼きの器から派生して鍋
という文字になったといわれています。

鍋料理が本格的に食べられるようになったのは江戸時代の後期であるといわれています。

それ以前は囲炉裏端で鍋を食べていたのだそうです。鍋は女性が鍋城と言って今でいう鍋奉行のような役割を果たしていたとのことです。江戸時代後期から家庭に出す鍋のことを小鍋立てと呼ばれ、今の鍋料理のルーツになっているそうです。

江戸の食い倒れという言葉があるように江戸では食い倒れが発展し、田楽などがはやるようになりました。

さらには、湯豆腐やお鍋のお店などが増えたのもこのころであるといわれています。

しかしこのころ日本では、牛肉を食べることが禁止されていました。しかし1871年に鍋ブームが起き、すきやきを食べれるようになったとのこと。

今の鍋料理の起源はこのように囲炉裏端で食べる大鍋でしたが、囲炉裏から木炭での七輪、そして現在ではガスなどへと変化してきました。

このような歴史が鍋にはあるのです。

鍋料理は昔に比べて大きく進歩しているように感じます。まずはスープ。

昔はどのような味付けだったのでしょうか?種類も気になりますね。

今ではスープの種類はいくつもあり、仕切り鍋で2種類のスープを一度に食べれるようにもなりました。

塩味や、すき焼きの甘辛などはすでにあったと思いますが、トマト・チゲ・カレー…その他さまざまなスープは今でこそ当たり前にありますが、当時は確実になかったものだと思います。

最近では人気の横浜家系ラーメンの鍋料理居酒屋を発見し驚きました。

元々家系が大好物で有名な店舗に行ってみようと思い横浜付近で調べていたところ発見。

斬新ですよね。今までありそうでなかったような…私が知らないだけで昔からあったのかもしれませんが。

グルメ際との口コミも評判がよさそうだったので、ぜひ行ってみたいですね。

家系鍋の〆のラーメンなんて美味しくないわけがない。あー食べたい。

こんな居酒屋もありつつ、地域によって人気の居酒屋が集まっているので、色々と巡りたいものです。

ただせっかく美味しい鍋料理をいただくならお酒は欠かせない。車は無理なので電車でとなると行きは楽しみですが帰りは帰宅が非常にめんどくさい。

私は昔から熱い料理が好きでラーメン・鍋が私の2大好物なのですが。

一年中食べれる居酒屋さんには感謝です。家で作ろうとおもっても季節商品になってしまっているのかうちの近くのスーパーには鍋のスープが売っていません…

確かに大好物ですが大きく寄り道して帰る元気もなく…最近はもっぱら外で食べてます。

 

 

海外ブランドのおすすめ柔軟剤を通販

ネット通販などで購入できるおすすめの海外柔軟剤を紹介します。

「ダウニーシリーズ」

これは香りが長続きすると人気の海外の柔軟剤です。様々な種類があり、アメリカ産やベ

トナム産、メキシコ産などバリエーションが豊富です。アメリカ産ではウルトラダウニ

ーやウルトラダウニーインヒュージョンが、ベトナムタイプはアジアンダウニーとなって

います。これらは濃縮されているので薄めて使います。またメキシコ産のメキシコダウニ

ーは濃縮タイプではありません。

「コンフォト センシティブスキン」

こちらも海外の柔軟剤で、メキシコのものとなっています。ネット通販などでも大変人気

の高いものとなっています。濃縮タイプの柔軟剤なのですが、とても気持ちの良いまるで

コットンのような香りがします。価格は3.8Lで1500円前後となっています。こちらの柔軟

剤のおすすめなポイントは肌の弱い人でも使えるというところです。柔軟剤で肌荒れを起

こしてしまう人もいますから。

海外の柔軟剤などは匂いがきついイメージがあり苦手な人も多いかと思いますが、普段の柔軟剤より少し少なめにして
何度か試してみると自分の好みの香りの強さがわかってきますよ!

焼き鳥の起源と普及について

焼鳥の歴史について考えてみましょう。

まず江戸時代までは料理に使われるのは野鳥が主で、鶏を食用とすることはまだまだ一般的とは言えなかったようです。

江戸期は、明治期から始まる鶏肉文化の準備段階だったといってもいいかもしれません。
明治維新によって日本人の食生活に大きな革命をもたらし、肉食文化が一般的になりました。

それにより鶏料理も食されるようになるのですが、その時代は鶏肉は高級で牛肉よりも上という扱いをされていたそうです。

やがて焼き鳥屋台が神社の参道や橋のたもと、縁日の露店として出現するものの、最初から高級な鶏肉が供されるはずもなく、同じ鶏肉でもスジなどの部位に加え、牛の切出しや馬肉の下等物、さらには狗肉も混ざったりと、雑多なものばかりだったようです。

本物の鶏肉を使った焼き鳥が普及するのは第二次大戦後のことです。

焼き鳥店が戦後の闇市だけではなく、街中でも店舗数が爆発的に増えていきました。

昭和40年以降になると鶏肉が低価格になったこともあって焼き鳥の普及がますます広がり、酒との相性もいいので居酒屋では欠かせないメニューとなったのです。

そして近年ではすっかり地鶏ブームになりました。

焼鳥の専門店が地鶏の看板を掲げたり、焼鳥が居酒屋や新しい感覚のパブにお目見えするといった感じで、まさに上質な焼鳥を気軽に食べることができる時代になったと言えるでしょう。

焼鳥は和食の中でも人気が高い商品で苦手な人もあまりいないことから家庭でも居酒屋でも愛される逸品料理ですね。

 

南部どり はなれ

〒101-0054 東京都千代田区 OPビルB1, 1丁目

03-5283-1567

お好み焼きを楽しむなら?

友達や家族で仲良く食べると美味しいお好み焼きですが、色々なお店がありますよね。

そのなかでもオススメのお店を紹介したいと思います!

今回紹介するお店は、恵比寿駅すぐのところにありますだるまさんが焼いちゃったという

お店です。

こちらのお店は、お好み焼きやもんじゃ焼きなども楽しめるてっぱん居酒屋でおつまみも

豊富にご用意している話題のお店なんです!

月〜木19時までにご来店いただきますとドリンクがお得に飲めますのでお早目の来店がオ

ススメです♪

名前のインパクト通り明るく賑やかなお店ですよ!