ブーム再燃、立ち食いのお店

江戸時代の頃、酒屋で酒を買ったはいいが、家に持って帰るまで待ちきれずに酒屋の店内で飲んでしまうー。これが立ち飲みやのルーツとされ、その後の立ち食い文化の原点となったといわれています。

立ち食いといえば、蕎麦屋さんが既に定着していますが、今回は、メジャーな蕎麦屋さん以外の立ち食い屋さんを都内で調べてみました。

まず寿司屋さん。築地駅からすぐの「ちよだ鮨 築地店」は、持ち帰り寿司のチェーン・ちよだ鮨の立ち食い店舗。忙しくてゆっくりランチをする暇がないという人にはうってつけ。混み合う時にはお客さん同士、譲り合いの精神で。一貫80 〜 200円程度。さらに渋谷周辺などで店舗展開する「魚がし日本一 立喰寿司」もランチセット741円で握り十貫と、コスパ評価高し!単品なら二貫で200 〜 500円というところ。

お寿司にはこだわりのある人も多く、立ち食いの場合でも、その味わいの評価は様々。ただ、あくまで時間のない人向け、あるいは立ち食いに感心のある人に向けた業態と割り切った方が良いでしょう。

がらっと変わって、最近、出店を加速しているステーキの立ち食い「いきなり!ステーキ」が人気沸騰!ステーキチェーン・ペッパーランチを展開する?ペッパーフードサービスが2013年から始めました。東京を中心とした首都圏、大阪に店舗を構えるほか、仙台や沖縄にも出店計画があります。300gのボリューム満点のステーキが1、000円程度で楽しめる、味、ボリューム、価格とも大満足のお店。

最後にフレンチ店では、これも行列の出来るお店として人気の「俺のフレンチ GINZA」をご紹介。牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニやオマールエビのローストなど、本格フレンチですが、ビストロなので気軽に食せると好評。1階は立ち食い、予約すれば2階の全着席フロアも利用出来ます。やはりボリュームたっぷりでコスパ評価も高いお店。

立ち食いといえば、なんとなく落ち着かないイメージもありますが、座って食べる時と比べるとお腹が苦しくなることも少なく、ちょっと粋な食べ方と捉えることも出来ます。一人で行く人が多いので、小腹が空いた時でも気軽に利用できます。手早く食事を済ませ、残りの時間は喫茶店やバーなどでゆっくり過ごすスタイルも良いんじゃないですか…\(^o^)/ 

楽しい工場見学、特典にも期待

工場見学って結構、楽しいですよね。近年はガラス越しにしか製造シーンが見られない場合も多いですが、その分、丁寧な説明があり商品の意外な秘密を知ることもしばしばです。しかもお土産など特典付きが嬉しい。子供も興味を持ってくれそうです。

国内マヨネーズメーカーを代表するキユーピーは、全国5カ所の工場で見学会を実施しています。マヨネーズ秘話などを教えてもらい、商品づくりの一部を体験出来るなど、親子で楽しめる内容になっていますが、最後に各工場でおすすめ・作りたてのキユーピー商品がプレゼントされる特典付き。マヨやドレッシングなど、利用頻度の高い食品のプレゼントって、かなり嬉しい!さらにマヨを使った料理のレシピや新商品の案内も頂けるので、家に帰ったら料理に力が入りそう(^^)

いがぐり坊主のキャラクターで知られるアイス・ガリガリ君。埼玉県の「赤城乳業本庄千本さくら5S工場」では、工場見学は無料のうえ、アイスの試食が出来る特典付き。試食はガリガリ君およびその他のアイスの中から1本選んで食べることが出来ます。「嬉しいけど1本だけじゃ…」という欲張りのアナタ!実は当工場では無料で何度でもトライ出来る、アイスのクレーンゲームが設置されており、上手くゲット出来たらこれも食することが出来るのです。見学終了後にはお土産も♪

安心・安全への関心が高まる昨今、特に身体に入る食品の工場は、その見学にも力を入れています。普段、食べているものの中には何が入っているのか、どのように作られているのかを知ることは食育の観点からも大切なこと。工場見学に行きましょう、特典ばかりに気を取られずに…。

個室の便利な上野の和食居酒屋!

上野にある親戚の家に一族で集まったのですが、
子供も多く、さすがに食事は外で取ろうということになりまして、
個室のある和食居酒屋を予約してありました。
そのお店が素敵だったので、紹介しますね。
上野の森さくらテラスにある和食のおいしい個室居酒屋かまくら」さんです。

都内に何店舗かあり、他の店舗にも行ったことがあったのですが、
この店舗は他と内装も雰囲気も少し違いました。少人数で入れるかまくら個室は他と同じなんですが、今回は大人数だったので、掘りごたつの宴会個室です。


こちらは店内のテーブル席を抜けた先に、小上がりがあって靴を脱いだ奥にあるお部屋です。明るめの木のぬくもり感じる落ち着いた和の空間になっていました。
中も比較的広めで子供がたくさんいても個室なので安心です。

料理は宴会コースだったんですが、お刺身や天ぷら、しゃぶしゃぶなどあっさり系の創作和食が並びます。季節ごとにメニューが変わるらしく、甘エビの唐揚げやさよりの天ぷらなど春らしい料理ばかりでした。そして、〆も山菜蕎麦であっさり。
飲み放題も色々な焼酎が選べたので叔父さんたちも喜んでたし、フルーツ味のサワーも多く、女性陣も楽しんでました。


ちなみにランチタイムだとパンダモチーフの料理やデザートもあるのだとか。
動物園そばなので、子供連れには喜ばれそうですね。
個室は最大38名まで利用出来るそうなので、是非行ってみてください。

都内で高知の土佐料理がおいしいお店

都内で高知の土佐料理がおいしいお店をご存知ですか?

「新宿土佐料理 ねぼけ」

新宿野村ビルにあるこちらのお店は高知の土佐料理がおいしくいただける居酒屋さんです。天然の真クエ鍋を始め、名物の土佐しゃぶしゃぶは絶品でおすすめです。全室完全個室なのでゆっくりとおいしいお料理を堪能できます。しかも夜景が見えるのでデートにも使えます。ランチではかんざしご膳が2800円こちらが予約のみで、土佐日記などの会席料理は4320円からとなっています。土日祝日限定でクエ海賊鍋と飲み放題プランがお得です。

「かつを藁焼き 土佐料理竜馬が如く」

こちらのお店は高知の皿鉢料理という郷土料理をいただけるお店です。旬の食材を使ったお料理で予算に応じてくれます。また土佐名物のかつをの藁焼きはカウンター席でいただくと、その豪快さも味わうことができますよ。店内は竜馬の精神に満ち溢れています。漆彫刻などが個室にあり、土佐の雰囲気を味わうことができます。竜馬の雰囲気に囲まれながらおいしい土佐料理がいただけます。

新橋周辺にある東京タワーの見えるおしゃれなバー

新橋周辺にある東京タワーの見えるおしゃれなバーを紹介します。

「マジェスティック」

こちらのバーは新橋駅近くにあるのですが、大変東京タワーがきれいに見えるお店です。汐留シティーセンタービルの41階にあるので、夜景を楽しみながらディナーも楽しめます。口コミでも人気のあるお店ですよ。ホワイトデー近くになるとペアシートのホワイトデープランが発売されます。デートなどにおすすめのお店です。ホワイトデー期間限定プランとしては一人6500円でおいしいお料理からデザートまで楽しむことができます。女性に喜ばれる事間違いなしです。

「スカイラウンジステラガーデン」

こちらのバーは汐留シティーセンターの41階にあるバーで東京タワーがきれいに見えます。メニューとしてはコース料理も充実していますが、アラカルト料理もおいしいので、デートでも喜ばれること間違いなしです。またもちろんランチメニューもあり、3900円でフィッシュバンクランチをいただくことができます。季節の食材を使ったランチです。

溜池山王でおすすめ、個室でゆっくり過ごせる居酒屋

居酒屋の個室って本当に便利ですよね。
わいわい飲んでいても周りを気にしなくて良いし、
あんまり大きな声で話せないような内容もある程度は安心して話せちゃいます。
宴会や女子会は絶対個室!っていう人も多いですよね。

今日は溜池山王近辺で個室でゆっくり飲める居酒屋を紹介します。
落ち着いた雰囲気の和食のお店で、鶏料理が人気の居酒屋です。
溜池山王駅11番出口からすぐのところにある「南部どり 赤坂」です。
お店の名前にもなっている「南部どり」は岩手県産の地鶏で人口抗菌薬剤を使わず、
抗菌作用の強い納豆菌やハーブエキスを与えられて育った地鶏です。
店内は黒を基調とした落ち着いた雰囲気で、完全個室は最大8名まで、ソファでゆったり過ごすことが出来ます。

おすすめはやはり焼鳥でしょう。
中でも毎日店内で作られるつくねは味のバリエーションも豊富なので、色々食べてみて欲しいところ。ヘルシーなささみも梅しそやわさびなど、様々な味で楽しめます。
他にもチキン南蛮や親子丼など、余すとこなく南部どりの味わい深さを満喫出来ます。

また、日本酒や焼酎の品ぞろえも豊富で今世界的に人気の獺祭など日本各地の厳選された日本酒と、プレミアム焼酎と呼ばれる数少ない焼酎などお酒好きにはたまらないでしょう。女性にはさっぱりサワーや飲みやすい梅酒やカクテルなどもちゃんとあります。


飲み放題付きコースも充実しているので、個室を予約して宴会しちゃいましょう!

都内で足湯に入れる居酒屋

都内で足湯に入れる居酒屋を紹介します。

「KAIONA TOKYO」

こちらのお店は、渋谷区にあるダイニングなのですが、ハワイアンリゾートを感じることのできるお店です。メニューはハワイのお料理やカフェなどで充実していますよ。さらに、こちらのダイニングでは足湯に入ることができるのです。テラスにあるので、開放感を感じながら足湯に入り、ゆっくりとした時間を堪能できますよ。通常の飲み会や女子会を始め宴会や結婚式の2次会などでも使えるお店です。ただ、あったかいお湯は血行を良くしてお酒の回りが早くなるので、飲み過ぎには注意してくださいね。

日本でのビリヤード

ビリヤードはスペース的な事情から、日本ではなかなか日常的なものにはなりませんが、知らないという人はいませんよね。
知っているけれどなんとなく・・・という人が大多数のビリヤードですが、江戸時代にオランダ人によって日本に持ち込まれたと言われています。
外国のものイコール格好良いという先入観ばかりで見ますが、歴史が古いだけあって良く考えるととても原始的ですよね。

その後、本格的に庶民の生活に普及し始めたのは昭和10年代で、ビリヤードブームが起こっています。
外国発の娯楽はアウトローなイメージがなかなか拭われませんが、昭和30年に風営法から外れ、改めてスポーツとして認識される機会となりました。
昭和60年代、映画「ハスラー2」がヒットし、同時にビリヤードブームが到来しました。
その頃の若い男性は、ハスラーみたいにかっこいいショットを打ちたいと、ビリヤードにかなりはまった人が多かったです。

本来、誰でも気軽に楽しめるビリヤードですが、テーブルが大きいという事から、ブームで終わってしまいます。
今後、新たなブームは来るのでしょうか。

横浜の歴史とは

横浜の歴史とはどんなものなのでしょうか。

横浜は日米修好通商条約がきっかけとなり開港しました、が実は横浜ではなく当初は神奈

川が開港する予定でした。外国人の問題を防ぐために横浜が開港したのです。1859年

横浜が開港しました。

横浜は街並み的にも発展する要素が見られたので開港に目をつけられたともいわれていま

開港するとアメリカだけでなくオランダやフランス、ポルトガルロシア、イギリスとの付

き合いも始まりました。これをきっかけに横浜は貿易港として発展することになったので

す。外国人との交流も深まり日本に滞在することも多くなったので、居留地が作られ始め

ました。山下、横浜、山手が幕府によって作られたのです。

このようにして横浜は貿易港としてどんどんと栄えていきましたが、会議や交渉などをす

る場所がなく、水神の森の近くにそういった会議などが行えるように建物を建てたのが今

の歴史開港博物館となっています。

また昔の桜木町駅が横浜駅だったともいわれています。

池袋の個室居酒屋で飲み放題!

池袋で宴会をしてきましたー!
池袋、新宿、渋谷の3駅はやっぱり迷子になりますね(笑)
目的の出口に出られたことがありません!
今回のお店は駅近だったので、割とすぐ見つける事が出来ました。
池袋で飲み放題付きコースを利用した居酒屋が「かまくら 池袋店」です。

少人数の利用ではかまくら個室なるものがおすすめだそう。
確かに店内を通った感じでは、白い壁の個室がたくさんありました。
独特の雰囲気があって、楽しめそうです。

 
今回は人数が多かったので、掘りごたつタイプの座敷席でした。
こちらは完全個室。

コースは3月から変わったばかりという、4500円のコース。
こちらは甘エビの唐揚げや筍やさよりの天ぷら。
山菜の入ったお蕎麦など、春の食材をふんだんに使ったコースでした。


飲み放題付きで12品は中々お得なんじゃないかな、と。
飲み放題はフローズン生ビールを含んだ約50種類。
ハイボールやサワーの種類が豊富でいろいろチャレンジしました。
北海道メロンサワーとか、珍しいからと頼んだら中々の甘さでした(笑)

今回のコースは真ん中くらいのランクでした。
もうちょっと安めや、ランクアップしたコースもあるので、
面子や内容によって変えたら便利かもしれません。
2時間のコースでしたが、なんてったって池袋なんで、
2件目もすぐそばですごく楽ちんでしたー!
皆さんも池袋に行った際はぜひー!