ワイナリーで大人の社会見学

子どもの頃の社会見学は、特に工場見学がワクワクしましたよね。
大人の間で人気なのは、ビールやウィスキー、ワインなどのアルコール飲料の工場見学です。
週末の小旅行やデートに、行ってみてはいかがでしょうか。

オススメの見学は
山梨県甲州市のワイナリー「シャトー・メルシャン」です。

100年以上の歴史がある日本初の民間ワイナリーで、ワイン造りから歴史に至るまで、幅広く知る事ができます。

人気のワイナリーのため、見学コースがしっかりと充実しています。
ブドウ栽培から製造、育成、テイスティングまでの60分のベーシックコースから、さらにもっと詳しく知る事のできるコースもあります。

広い敷地にはビジターセンターや貯蔵庫、ワインギャラリーでは有料で種類豊富なワインをテイスティングでき、ワインショップでの買い物やカフェでの食事も楽しめます。
また、資料館もあり、シャトー・メルシャンの歴史を知る事ができます。

セラーや農園はツアー参加者しか入場できませんが、資料館やショップ、カフェ等は無料で入場できますので、美味しいワインを飲み、限定ワインを購入するなどの楽しみ方もありますね。

清々しい季節、ちょっと足を伸ばして、自然の恵みを現地で楽しんでみませんか?

池袋で美味しいつけ麺

若者の間では、ラーメンといえばつけ麺という人も増えてきています。
スープの旨みが凝縮された、濃い味がクセになるのでしょう。

そこで、若者の街池袋でオススメのつけ麺店をご紹介します。

超人気店「馳走麺 狸穴(ちそうめん まみあな)」
つけ麺激戦区池袋の中でも人気の高いお店です。
コの字のカウンターで12席程の店内は、清潔感があり席間も広めなので、比較的落ち着いて食事ができる環境です。
一番人気は「濃厚つけ麺」780円で、並盛、大盛りは同料金、特盛は880円です。
具は、チャーシュー、なると、カイワレ、海苔のスタンダードな内容で、つけ汁は濃厚なドロドロ系、麺はモッチモチの太麺です。
特に麺が美味しくて、コシがあり小麦の香りが口の中に広がります。
スタンダードなタイプのつけ麺だからこそ、麺の美味しさが際立ちます。

アツアツ激辛「つけ麺岡崎」
喫茶店やレストラン風の個性的な雰囲気のお店です。
看板メニューは「石焼つけ麺」で、最後までアツアツの状態が楽しめます。
また、辛さをオーダーできるメニューもあり、辛いもの好きな人は挑戦してみたくなります。

沢山のつけ麺店がひしめく池袋、スープも麺もこだわりは様々なので、食べ歩きも楽しいかもしれませんね。

パン粉フレンチトースト

揚げ物に使う時のパン粉って、いつも余っちゃいますよね。
余らない事は皆無だと言っても過言ではありません。
また、湿気を吸う食材なので、保存期間が長くなると、風味が落ちてしまいます。

そこで、余ったパン粉を使ったフレンチトーストのレシピをご紹介します。

<材料>1人分
パン粉  100g
卵    1個
牛乳   大さじ5
バター  大さじ1
砂糖   大さじ2
蜂蜜、メイプルシロップ(お好みで)

<作り方>
・卵をとき、牛乳、砂糖、パン粉を混ぜて馴染ませる
・フライパンにバターをひき、全体に火が通るまで3〜5分弱火でじっくり焼く
・お好みで、蜂蜜等をかけていただきます♪

普段のフレンチトーストとまた違う食感を楽しめますよ。

肉のエアーズロック

日暮里に、ステーキが人気のもんじゃ焼き屋さんがあるのをご存知ですか?
そのお店は「大木屋」という超人気店です。

店先には看板も無く完全予約制で、更に5名 〜 8名のグループ利用のみという条件があります。
メニューは一種類のコースのみで、5人で19000円、6人19600円と人数に応じたトータル価格が設定されています。

コース内容はほぼ固定されており、カツオのたたき、通称「肉のエアーズロック」のリブロースステーキ、海鮮焼き、メンチカツ、もんじゃ焼きの5種類です。

まずは、カツオを食べながら、名物「肉のエアーズロック」の登場を待ちます。
いよいよ登場のお肉は、7センチ程はありそうな大きなお肉の塊です。
店員さんが焼いてくれるのですが、お客さんが触るのは禁止です。
ミディアムレアの丁度良い焼き加減で、食べやすい大きさに切る所までを一通りお任せします。
シンプルな味付けと、素材の良さで、とにかく絶品のステーキが食べられます。
そして一通り食べ、締めはもんじゃという最後まで不思議な流れのコースです。

とにかく豪快で美味しいステーキを食べたいなら、友達を誘って一度は行ってみましょう。

浅草で釜めしランチ

釜めしは、ご飯の独り占め感が嬉しい料理です。
シンプルでありながら、出汁の旨みや素材の美味しさがはっきりとわかり、贅沢な味わいです。
季節の味が楽しめるのも特徴の一つです。

ランチに釜めしが食べたくなったら
浅草にある「釜めし春」がオススメです。

釜めし発祥のお店と言われる老舗店で、ホンモノの味が楽しめます。

ランチでも、五目やカニ、鯛、あさり等の種類豊富な釜めしが揃います。
蓋を開けた時の良い香りとワクワク感がたまりません。
お焦げももちろん美味しく、楽しみのひとつでもあります。

価格は1000円 〜 1500円程、注文から30分程かかりますが、時間に余裕のある時にはぜひ利用してみて下さい。

陽気にメキシカン

メキシコ料理は、外国料理の中でもとてもカジュアルな料理です。
その定義は広く、旧メキシコ領であったアメリカのカリフォルニア州やテキサス州の料理と融合した料理も一般的になっています。

メキシコ料理が食べたくなったら
渋谷にある「ゼスト キャンティーナ 渋谷」がオススメです。

大きなキャパの店内は、テクス・メクスやカル・メクス、そしてメキシカンと様々な要素が見え隠れし、総じて活気のある陽気な酒場といった雰囲気です。
大きなテーブルやゆったりしたソファ席が多く、賑やかながらもくつろぎの空間が確保できます。

料理はポテトやタコス、チップス&サルサ等の軽いつまみがオール300円、ガーリックシュリンプやチョリソー、チリコンカルネ等がオール500円、バッファローチキンウィングやジャンバラヤ、コブサラダやワカモレ等のボリューミーなメニューがオール700円と、リーズナブルでわかりやすい価格です。
特にお勧めはコブサラダで、ボリュームもあってとても美味しい一品です。

また、ドリンクメニューも300円、500円、700円の価格帯で、豊富なメニューが揃っています。

雰囲気も良く、仲間と陽気に楽しむには最適のお店です。

恵比寿でおいしいパエリアが食べたい

恵比寿でおいしいパエリアが食べたいそんな人におすすめのお店を紹介します。

「アマポーラ 恵比寿店」

恵比寿より中目黒へ向かう途中にある特製のパエリアが食べれると評判の地中海レストラン。店内は開放的でまるで南国リゾート。ここではマルチパエリアと言って2〜4種類のパエリアを組み合わせて炊き上げます。独自のパエリアとなっており、一つの鍋で種類の違うパエリアを自分好みに出来ます。本場バレンシア風のパエリアは魚介類が豊富で絶品です。

都内で揚げ饅頭がおいしいお店

都内で揚げ饅頭がおいしいお店をご紹介。

「御門屋 本店」

東京目黒区にあるこちらの和菓子屋さん、売店とくつろぎ茶寮と呼ばれるイートインがあり、揚げ饅頭のいただけるお店です。揚げ饅頭の種類は2種類あり、こしあんと胡麻のラ
インナップ。こしあんはとてもマイルドで生地の香ばしさとマッチします。饅頭を挙げる油は独自のブレンドでとてもカラッと揚がっています。胡麻の揚げ饅頭は胡麻の香ばしさが口の中に広がります。中はこしあんとなっています。

都内の古民家風カフェ

都内の古民家風カフェを紹介します。

「ゆうcafe」

東京都文京区にあるゆうcafeはとても落ち着いた雰囲気の古民家風カフェ。和を感じながらおいしいお料理を楽しめます。こちらでぜひとも試してみたいメニュー、それはビーフシチュー。というよりもランチメニューはビーフシチューのみなのです。そんなビーフシチューランチは1000円。大き目なブロッコリーやインゲン豆、人参、ジャガイモが入っているのですが、その存在感に脅かされます。ビーフシチューのスープはとても酸味がきいていておいしい。サラダとごはんもしくはトーストがついてくるランチメニューです。メインのビーフはお肉の存在感あふれる、そんなおいしいビーフシチューがいただける古民家風カフェ。店内は和風で、木に囲まれた落ち着いた空間でゆっくりとくつろぐことができます。ランチメニューは1種類ですがドリンクはコーヒーと紅茶を選べます。また珈琲
の種類が豊富なので、ちょっとくつろぎたいときにも利用できるカフェです。