またまたイタリアンのお話

  

実は最近イタリアンにはまっているワタクシ…。
今日は、ちょっとイタリアンについて語りたいと思います。

大家族で、大勢でわいわい食卓を囲むのが、大好きなイタリアの人たち。
一度にドカンと食卓に出される、大皿料理は、まず山盛りのサラダ。

添えられるのは、もちろんフレッシュ・オリーブオイルとビネガー・海の塩。
これを、思い思いにお好みで自分のお皿にかけます。

そして、やはりやはり、大皿で供されるパスタ!ではないでしょうか?

イタリアは、日本と同じように、南北に長い国。
北と南では、ずいぶん気候も風土、そして文化も違います。

北イタリアは、フランスに近いため、出されるパスタも、
フランス料理のようなクリーミーなパスタ。
ポルチーニというキノコを使ったクリームのパスタは有名です。

そして、南イタリアでは、地中海の太陽を浴びて育った、トマトやハーブ。
豊富な魚介類やアンチョビを使った、オイル系さっぱりしたパスタでしょう。

さらに、大皿でみんなで取り分ける、煮込み料理もあればご機嫌です。
日本人ほど、手間暇をかけず、だけど美味しいものを食べたいイタリアの陽気な奥様達が作るのは、
オックステールや、鶏もも肉を、赤ワイン・玉ねぎやセロリなどの野菜・月桂樹の葉を入れて煮込んだもの。

これが、地中海沿岸に行くと、ズッパディペッシェ、、魚介類と白ワインを使った鍋になります。

それぞれの地方の、本当に美味しい物をシンプルに生かして、
大勢の家族でいただくのが、イタリア家庭料理のエッセンス。

さらに、、勿論、私なら、美味しいワインがあれば、最高です。

 


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】