意外と知らない正しい有酸素運動の仕方

 

有酸素運動として、人気の高いウォーキング。
しかし正しいやり方でないとあまり効果が出ず、残念な結果になってしまうことも。
すべての有酸素運動の基礎はウォーキングと言っても過言ではありませn。
ウォーキングを正しく行うことで、今後の運動に耐えられるカラダが出来上がっていくのです。
意外と知らない有効的で正しいウォーキングの仕方を紹介します。

まず、歩く姿勢から。
ウォーキングの基本的なフォームは、背筋を伸ばし、視線は正面、上半身はやや前のめり、肘を軽く曲げてしっかりと前後に振ります。
そして、しっかりとお腹に力を入れて、歩きます。
初めは大変かもしれませんが、慣れるまで頑張ってください。
次に歩くスピードです。
だらだら歩いているだけでは、効果は得られません。

早足のように、そして軽快に歩くことが大切です。
長い時間だらだらと歩くよりも、早足で20分ほど歩く方が効果が出やすいのです。

運動は自分のペースで行うことが大切です。
初めは早いスピードで歩くのは、大変なので徐々にスピードを上げていくことも大切ですよ^^

体のために心がけていきましょう!!


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】