池袋で粉もの三昧

  

池袋にある「喃風(なんぷう)東池袋店」は、姫路名物のどろ焼きが食べられる粉もの三昧のお店です。

お店の看板メニューである「どろ焼き」は、お好み焼きのようなもんじゃ焼き?のようなもので、ゆるいタネを表面がカリッとするまで焼き、見た目はオムレツみたいです。
これを、さっぱりお出汁に付けて、明石焼きのように食べます
どろ焼きだけでも15種類ほどのメニューがあり、桜えびやチーズ、海鮮ミックスなど、トッピングが豊富です。
もちろん、普通のお好み焼きメニューもあります。

もうひとつユニークなのは「鉄板たこ焼」で、こちらも見た目はお好み焼きで、スプーンですくって食べます。
ソースで食べる関西風と、お出汁で食べる明石風があり、表面はカリッと中はトロリとしており、あっさりしていてとても美味しいです。

その他、鉄板焼きも各種あり、目の前の鉄板を無駄なく使います。
どろ焼きや鉄板たこ焼きは、厨房で焼いてからテーブルの鉄板に乗せてくれますが、料理が出てきた時の、みんなが目を丸くして見つめる様子がとても面白いです。

何これ!の声から始まり、ワイワイ盛り上がること間違いなし!!
仲間を誘って行ってみてくださいね。

駅からも約3分ほどでアクセス便利なのも魅力的です♪


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】