焼き鳥の起源と普及について

焼鳥の歴史について考えてみましょう。

まず江戸時代までは料理に使われるのは野鳥が主で、鶏を食用とすることはまだまだ一般的とは言えなかったようです。

江戸期は、明治期から始まる鶏肉文化の準備段階だったといってもいいかもしれません。
明治維新によって日本人の食生活に大きな革命をもたらし、肉食文化が一般的になりました。

それにより鶏料理も食されるようになるのですが、その時代は鶏肉は高級で牛肉よりも上という扱いをされていたそうです。

やがて焼き鳥屋台が神社の参道や橋のたもと、縁日の露店として出現するものの、最初から高級な鶏肉が供されるはずもなく、同じ鶏肉でもスジなどの部位に加え、牛の切出しや馬肉の下等物、さらには狗肉も混ざったりと、雑多なものばかりだったようです。

本物の鶏肉を使った焼き鳥が普及するのは第二次大戦後のことです。

焼き鳥店が戦後の闇市だけではなく、街中でも店舗数が爆発的に増えていきました。

昭和40年以降になると鶏肉が低価格になったこともあって焼き鳥の普及がますます広がり、酒との相性もいいので居酒屋では欠かせないメニューとなったのです。

そして近年ではすっかり地鶏ブームになりました。

焼鳥の専門店が地鶏の看板を掲げたり、焼鳥が居酒屋や新しい感覚のパブにお目見えするといった感じで、まさに上質な焼鳥を気軽に食べることができる時代になったと言えるでしょう。

焼鳥は和食の中でも人気が高い商品で苦手な人もあまりいないことから家庭でも居酒屋でも愛される逸品料理ですね。

 

南部どり はなれ

〒101-0054 東京都千代田区 OPビルB1, 1丁目

03-5283-1567

一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】