トマトを食べて健康的な身体づくりを!

 

 

トマトの成分には、リコピン・ビタミンC・ビタミンB6・カテロン・カリウム・ルチンなどがあります。

その中でもっとも注目されているのがリコピンでしょう。

トマトが緑色から赤色に熟していく過程で、リコピンが大幅に増加するんだそうです。

このリコピンはカロテノイドのひとつで、カロテノイドの中でも抗酸化作用が特に強いんだとか!

最近、カロテノイドの抗酸化作用が知られるようになり、注目度がアップ!!

そのカロテノイドの中でもトマトに含まれるリコピンは、β-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上も抗酸化作用が強いことが明らかになりました。

では、抗酸化作用がどういうものなのかご存知でしょうか?

それは活性酸素を抑え、酸化によって体が錆びるのを防ぐ作用なんだそうです。

体内で酵素を作る能力は20代をピークにどんどん低下し、逆にストレスや喫煙、紫外線、激しい運動などにより活性酸素が増加するので、抗酸化物質が含まれた食品を多く摂取する必要があります。

トマトをたくさん食べて抗酸化物質を多く摂る習慣を身につけましょう!


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】