この秋におすすめの日本で一番早い紅葉スポットと遅い紅葉スポット♪

  

秋の観光といえばやっぱり紅葉見物ですよね!

そこで日本で一番早い紅葉と遅い紅葉をそれぞれ楽しむことができる観光スポットをご紹介しましょう☆

まず、日本で一番早く紅葉を楽しむことができるのが、北海道の大雪山です♪

とくに標高が高い旭岳周辺の山々は秋の訪れが早く、8月の終わりにはウラジロナナカマド、チングルマなどが色づき始め、9月中旬には早くもほぼ全域で紅葉のピークを迎えるんだとか!!

大雪山系屈指の紅葉の名所して知られる「裾合平」と「当麻乗越」から見る景色はとくにおすすめ☆

一方、日本で一番遅く紅葉が楽しめると言われているのが、千葉県の房総半島です♪

中でも養老渓谷は紅葉の名所としてとくに有名な場所で、毎年多くの観光客が訪れます☆

温暖な気候のため、紅葉の見頃は毎年11月末から12月初頭と遅いので、11月下旬になって今年は紅葉を見に行けなかったという方でもまだ間に合いますよね!

温泉郷もあるので、日帰り温泉や宿泊も可能です♪

以上、ぜひ参考のうえ、秋の観光を楽しいものにしてくださいね!

夏も終わりに近づいてきました!あまりゆっくりできなかった方、お仕事が忙しくて休みが取れなかった方は秋の紅葉に癒されてみてはいかがでしょうか!?


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】