焼肉の起源と歴史について

焼肉の起源と歴史について考えてみましょう。

まず、焼肉の起源にはいくつかの説がありますが、明治以前から日本人が山間部を中心に鳥や猪などの肉を直火で焼いて食べていたことはあったようです。

また、戦前から牛や豚の内臓を使用したモツ煮込みや、串に刺して焼いて食べるモツ焼きがありました。

その一方で、現代の日本における「焼肉料理」や「焼肉料理店」は朝鮮と密接な関連性があり、もともとは日本・朝鮮ともに独自の文化がありましが、1910年以降の併合期に融合があり、中でも「客に自ら直火で焼かせて酒を飲ませる外食産業」の様式は併合期の朝鮮で成立したとのことです。

戦後になると食道園や清香園といった多くの焼肉の名店が、日本国内に残る決断をした在日韓国朝鮮人らにより創業・経営されてきた事実があり、彼らが日本における焼肉料理の発展に重要な貢献をしたことには間違いありません。

焼肉店はすでに1960年代には大都市圏に存在していましたが、1970年以降は次第に日本各地へ広まるようになりました。

さらに、1968年にはエバラ焼肉のたれが発売され、家庭でも焼肉を食べる習慣が一般的になっていきます。

そして現在では焼肉店が日本全国いたるところで多数営業され、外食でも家庭での食事でもすっかり身近な食べ物になったと言えるでしょう。


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】