カフェの歴史とは

カフェの歴史を紹介します。カフェというとパリですが、1672年にパリに珈琲が伝わった

ことがカフェができるきっかけとなったともいわれています。パリで珈琲が売られるよう

になって、数年後にパリで初めてカフェができたといわれています。パリで仕事をしてい

たシチリア人がはじめてカフェを作ったのだそうです。

これをきっかけにアイスクリーム店なども広がっていったといわれています。しかしこの

時代のカフェは位の高い貴族などがコーヒーを楽しむ場所となっていました。また文学を

楽しむ、そんな著名人などもカフェをよく利用していたといわれています。

その後、カフェはパリ市内にでき、大衆市民も利用するようになったといわれています。

そしてカフェにテラス席ができます。これは店内が禁煙だったので、壁が汚れるのを避け

るために作られたとも言われています。

そしてカフェはフランス革命にも大きな役割を果たし、多くの著名人がカフェに集まり、

フランス革命のバチーユ監獄の襲撃を引き起こしたともいわれています。


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】