浜松町の歴史とは

東京都港区にある浜松町ですが、いったいこの町にはどのような歴史があるのでしょう

か?浜松町は慶長に奥住久右衛門が名主となったことからこの周辺を久右衛門町という名

前がつきました。その後、久右衛門町から芝浜松町と呼ばれるようになったのですが、そ

れは遠州の浜松から来た権兵衛が名主となったからです。

明治時代に入ると東京府というものが成立されたため、この芝浜松町から東京府のひとつ

となったわけです。また明治に入ってから武家地が様々と統合されたため、芝浜松町が町

域を拡大しました。昭和に入ると、関東大震災が起こり、これによってダメージを受けた

東京は復興に向けて街を大きく整理することになります。ここで芝浜松町1~4丁目が整

理されて今の浜松町の素になる、浜松町1~4丁目となるのです。また刺バクができ、麻

布区や赤坂区を飲み込み港区が出来上がったのが昭和20年代です。昭和47年に今の浜松町

が出来上がり、住居表示ができるようになりました。


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】