南国気分を味わえる六本木のダイニングバー

気が付くともう2015年が終わってしまうように、一年はあっという間。楽しいことしなきゃって思うのは私だけでしょうか。
この寒い季節に、南国気分が楽しめるダイニングバーで盛り上がりましょう。

六本木駅日比谷線2番出口から徒歩2分、出雲大社東京分祠のすぐ目の前にあるリゾートダイニングバー「Juppy」では、1年中南国リゾート気分が楽しめますよ。
こちらのお料理は食材にもこだわっていて、提携する契約農家から直接仕入れた新鮮な食材を使用し、女性シェフならではの繊細な感覚で作るメニューは見た目にも華やかで、味も大満足の美味しさになっています。

グループでの来店であればぜひおすすめなのが、米国産アンガスビーフを使ったプライムリブステーキ(6980円)です。
1パウンド(455g)の大ボリュームでジューシーな仕上がりになっているので、パーティーのメインにふさわしい1品になっています。

有名な飲食店とのコラボレーション企画なども積極的にやっているお店なので、訪れるたびに新しい料理に出会えるかもしれませんよ。


一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】