日本酒と焼酎の違いが分かると飲むのが楽しくなる!

日本酒と焼酎ってどう違うのか、知ったかで今までやってきましたが、好きなくせに実際違いがわからないと自分的に恥ずかしいので調べてみました。

 

一言で違いを述べるなら日本酒は「醸造酒」、焼酎は「蒸留酒」とそもそもが違いました。

 

醸造酒とは、原料になる米や麦を酵母で発酵させて作ります。

上手く発酵させるポイントは、「気温」、気温が高いところでは、発酵が出来ないそうです。

そのため、1年を通して比較的気温が低い地域で造られることが多いそうです。

 

蒸留酒として知られる知られる「焼酎」。蒸留酒とは上記の「醸造酒」を加熱して造られるお酒のことで、

原料が日本酒よりも多く、甘いものから、辛いものまで、種類豊富に製造出来るため豊富な焼酎を造りだすことが出来ます。

 

醸造酒とは逆に暑い地域で造られることが多く、そのため、焼酎の銘柄として鹿児島や沖縄など、暖かい地域の焼酎も大変人気です。

 

日本のお酒という店ではどれも日本酒であることには変わりありませんが、製造過程や造られる地域など日本酒と焼酎では全く別物になるということが今回調べてみてわかりました。

よくお世話になっている六本木の和食居酒屋 久高で日本酒と焼酎を飲み比べてきます!(笑

みなさんも居酒屋に行った際などには是非飲み比べをしてみてくださいね。

一緒に読みたい関連のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付 【JPEG】